医療

医療トップへ
健康トピックス
  • 印刷
承認されて近く販売される大腸カプセル内視鏡(模型)
承認されて近く販売される大腸カプセル内視鏡(模型)

 飲み込んだカプセルが大腸の中を流れていく間に、内側の粘膜を連続撮影してポリープなどを見つける。こうした大腸カプセル内視鏡が国内で初めて承認された。製造元のギブン・イメージング社が11月に販売を始め、来年初めには公的な保険診療で使える見通し。患者はカプセルを飲むだけで大腸の診断を受けることができる。内視鏡より医療費は高くなるが、体の負担は少ない。

健康トピックスの新着写真
健康トピックスの最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 13℃
  • 6℃
  • 0%

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ