医療

医療トップへ
健康トピックス
  • 印刷

 国内で行われた体外受精によって生まれた赤ちゃんの総数が30万人を超えた。日本産科婦人科学会が2011年分の治療実績を加えた最新の集計を明らかにした。

 国内初の赤ちゃんは1983年に東北大病院で生まれた。同学会は、体外受精を手掛けている医療機関に対し、学会への施設登録と治療実績の報告を求めている。

健康トピックスの新着写真
健康トピックスの最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 30%

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

  • 17℃
  • ---℃
  • 40%

  • 15℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ