医療

医療トップへ
健康トピックス
  • 印刷
さまざまな種類の加湿機能付き空気清浄機が並ぶ売り場=加古川市平岡町一色、ヤマダ電機テックランドNew加古川本店
拡大
さまざまな種類の加湿機能付き空気清浄機が並ぶ売り場=加古川市平岡町一色、ヤマダ電機テックランドNew加古川本店

 インフルエンザ対策として、部屋の湿度にも気を配りたい。空気が乾燥すると、のどの粘膜を守る機能が弱まり、かかりやすくなるためだ。厚生労働省は「特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことが(予防に)効果的」としている。

 家電量販店ヤマダ電機テックランドNew加古川本店(加古川市平岡町一色)には、加湿機能付き空気清浄機のコーナーが設けられている。

 売り場担当の尾上(おのうえ)陽祐さんは「加湿器は空気が乾燥する冬しか使わないが、加湿機能付き空気清浄機は年中使えるため、人気がある。最近は、各メーカーから発売されている」と話す。

 「ウイルスが生存しやすい乾燥、低温の環境」になると、加湿を強化する機種などもある。さらに、各メーカーは、空気を浄化する独自機能で、浮遊ウイルスやカビ菌の抑制、脱臭効果などが得られることもうたっている。

健康トピックスの新着写真
健康トピックスの最新
もっと見る

天気(7月16日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ