医療

医療トップへ
健康トピックス
  • 印刷
失語症の男性に話しかける関啓子さん=東京都三鷹市
失語症の男性に話しかける関啓子さん=東京都三鷹市

 脳の血管が詰まったり破れたりする脳卒中の後遺症は手足のまひがよく知られているが、失語症や注意障害などの「高次脳機能障害」にも多くの人が苦しんでいる。この障害のリハビリを専門とする言語聴覚士で、神戸大大学院保健学研究科客員教授の関啓子さん(61)は約4年半前に脳卒中を発病、30年近く研究してきた疾患を自ら体験した。回復を果たした今は「内側」から見た病気の実像と、脳が持つ回復力の大きさを講演で語っている。経験をリハビリ支援に生かしたいと意気込む関さんに聞いた。

健康トピックスの新着写真
健康トピックスの最新
もっと見る

天気(7月20日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ