医療

医療トップへ
健康トピックス
  • 印刷
若山照彦山梨大教授(左)と小保方晴子研究ユニットリーダー=神戸市中央区港島南町2(撮影・吉田敦史)
若山照彦山梨大教授(左)と小保方晴子研究ユニットリーダー=神戸市中央区港島南町2(撮影・吉田敦史)

 体のさまざまな細胞になる能力(多能性)がある新たな細胞「刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得細胞(STAP(スタップ)細胞)」を開発したと、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市中央区)のチームが1月に発表し、話題となった。ただ、この細胞はほとんど増殖しない。そこでチームは培養方法を工夫し、ほぼ無限に増える能力を持たせた。また、この細胞は胎盤になることができ、元の細胞の持ち主と同じ遺伝情報を持つ個体(クローン)の作製も可能かもしれないという。

健康トピックスの新着写真
健康トピックスの最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ