医療

医療トップへ
健康トピックス
  • 印刷
大阪府内の病院で空室になった精神科病棟の一室
大阪府内の病院で空室になった精神科病棟の一室

3月17日、大阪府内の病院で一人の男性患者が肺炎でひっそりと亡くなった。小林照男さん=仮名、当時(87)。臨終の場に家族はいなかった。統合失調症でこの病院の精神科に入院して以来60年、一度も退院することなく、人生を終えた。

 「病状は良くなっていた。退院できたはずだった。何を思って『止まった時間』を生きていたのか…」。担当だった精神保健福祉士には今もやり切れない気持ちが残る。

健康トピックスの新着写真
健康トピックスの最新
もっと見る

天気(7月20日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ