医療

医療トップへ
健康トピックス
  • 印刷
EGFR阻害薬に伴う皮膚障害の一般的な経過
EGFR阻害薬に伴う皮膚障害の一般的な経過

 がん細胞の表面にある「受容体」の働きを邪魔して増殖を防ぐ「分子標的薬」が普及してきた。それに伴う副作用として皮膚障害がある。薬が効いていることの裏返しでもあり、がん治療を続けるためにも上手に管理する必要がある。

 分子標的薬のうち「上皮成長因子受容体(EGFR)阻害薬」は、がん細胞の表面に多いEGFRの働きを妨げ、がん細胞が増えるのを防ぎ、プログラムされた細胞死「アポトーシス」に導く。

健康トピックスの新着写真
健康トピックスの最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 20%

お知らせ