医療

医療トップへ
健康トピックス
  • 印刷
スヌーピーなどのキャラクターで飾られた陽子線照射室=茨城県つくば市
スヌーピーなどのキャラクターで飾られた陽子線照射室=茨城県つくば市

 日本の陽子線治療施設としては最も多く小児がんの子どもを受け入れている筑波大病院の陽子線医学利用研究センター(茨城県つくば市)が、照射室の壁面や設備を「スヌーピーとピーナッツの仲間たち」のキャラクターで飾り付けた。子どもたちを勇気づけるのが目的で、メットライフ生命(東京)が寄贈した。

 陽子線は周りの正常組織を傷つけずに、がんの病巣だけを狙って照射できる利点があるが、大きく無機質な設備に恐怖を感じる子どももいた。

健康トピックスの新着写真
健康トピックスの最新
もっと見る

天気(7月18日)

  • 29℃
  • 25℃
  • 70%

  • 29℃
  • 23℃
  • 70%

  • 32℃
  • 23℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

お知らせ