姫路

  • 印刷
姫路観光文化検定1級に合格した高木昌之さん=姫路商工会議所
拡大
姫路観光文化検定1級に合格した高木昌之さん=姫路商工会議所

 兵庫県姫路の歴史や文化などの知識を問う「姫路観光文化検定」の最難関1級に、京都市観光協会職員の高木昌之さん(52)=神戸市東灘区=が合格し、21日に合格証書を受け取った。京阪神のご当地検定の最難関クラスを相次ぎ制覇する歴史通で、「難しかったが諦めずに解いた。本当にうれしい」と破顔した。

 高木さんは神戸市出身。京阪電鉄に入社し、昨年4月から同協会に出向している。姫路に住んだことはないが、母方の先祖は姫路藩士だったという。

 郷土史に関心が強く、各地の検定に挑戦。2013、14年には「京都・観光文化検定」1級と「なにわなんでも大阪検定」1級、そして「神戸学検定」上級の“3冠制覇”を成し遂げた。

 昨春以降、姫路検定を見据えた勉強を開始。通勤中にテキストを繰り返し読み、姫路城や網干の古い街並みに足を運んで知識を補った。31人が受験した昨年12月の1級試験で、ただ1人合格した。

 「ひめじ観光大使」にも任命された高木さんは「姫路には城以外に誇れる文化財がたくさんある。先祖がいた地なので自分が役に立てることはしていきたい」と話した。

 姫路検定は難易度に応じて1~3級まであり、昨年は676人が受験。1級は全問記述式で、合格者がいない年もあった。これまで361人が受験し、合格者は高木さんで18人目となった。(金 旻革)

姫路の最新
もっと見る

天気(8月17日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

  • 33℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ