姫路

  • 印刷
妻鹿小の児童(右)から特製Tシャツを受け取る石巻市の児童ら=姫路市本町
拡大
妻鹿小の児童(右)から特製Tシャツを受け取る石巻市の児童ら=姫路市本町

 姫路城マラソンで2キロの「ファンラン」に出場する宮城県石巻市の小学生24人が25日午後、JR姫路駅に到着した。東日本大震災以降、復興支援を続ける兵庫県姫路市と石巻市の縁で招待。姫路市立妻鹿小学校の児童らが出迎え、姫路城を見学して交流した。

 姫路市は2011年3月以降、職員を石巻市に派遣。3回目の今大会では、石巻の児童らを出場選手として初めて招いた。

 石巻の児童は新幹線を乗り継ぎ、午後3時ごろ同駅に到着。「ようこそひめじへ」との歓迎メッセージが記された横断幕がある駅北広場で、妻鹿小の児童が長旅をねぎらった。

 一行はその後、マラソン祭が開かれている大手前公園へ。石巻市の県水産高校の生徒らが郷土料理「おくずがけ」を振る舞うブースを訪ね、地元の味に舌鼓を打った。

 石巻と妻鹿小の児童らは当初ぎこちなかったが、姫路城に登る手順などを話をして次第に打ち解けた。

 妻鹿小の児童が両市の縁をテーマにした特製Tシャツを手渡し、26日の本番に向けてエールを送った。

 石巻市立開北小6年の男子児童(12)は「おもてなしを受けてうれしい。あしたは一生懸命走って、石巻は元気だと伝えたい」と意気込んだ。

 妻鹿小6年の女子児童(11)は「私もファンランに出場するので一緒に頑張って走りたい」と話した。(金 旻革)

姫路の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 19℃
  • 17℃
  • 90%

  • 18℃
  • 14℃
  • 90%

  • 17℃
  • 15℃
  • 80%

  • 18℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ