姫路

  • 印刷
大阪の医療展示会に出展したアフォードセンスのブース(同社提供)
大阪の医療展示会に出展したアフォードセンスのブース(同社提供)

 兵庫県立大(姫路市書写)発のベンチャー企業アフォードセンス(横浜市)が、建設現場などで働く従業員の体調をチェックできる管理システムを開発した。ばんそうこう型の生体センサーを体に貼り付け、体温や心拍などのデータをリアルタイムで把握できる。夏場の熱中症や事故の予防にもつながるといい、2018年春の商品化を目指している。

 同社は13年11月に設立。開発の中心は、手首や胸に貼り付けると心拍数や呼吸、体温などがパソコンやスマートフォンに送信される小型センサー。そのセンサーを生かした商品づくりを進める。

姫路の最新
もっと見る

天気(3月25日)

  • 13℃
  • 4℃
  • 10%

  • 11℃
  • 2℃
  • 10%

  • 14℃
  • 4℃
  • 10%

  • 13℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ