姫路

  • 印刷

 小学生デザイナー「Nina(ニーナ) Matsumoto」として活躍する安室小4年松本新菜さん(10)=兵庫県姫路市御立中=の初個展が、同市大野町の町家カフェ「ウェルフェアキッチンろてぃ」で開かれている。「彼女にだけ見えるもの」と題し、独自の発想と筆致で自然などを表現した約20点が並ぶ。(宮本万里子)

 新菜さんは4年ほど前から、線や円を緻密にバランス良く組み合わせ、幾何学模様のようなデザイン画をペンで描き始めた。

 父親(40)が、インターネットの動画サイトなどに作品を投稿。それを見た企業、店舗からロゴデザインの制作を依頼され、昨年は加西市が開発したシューズのデザインも手掛けた。

 個展は、同カフェを運営し、市内で障害者支援などに取り組むNPO法人「アミひめじ」理事長の西尾加陽子さん(54)がネットで作品を知り提案した。

 「時」をテーマに、時計のような円を幾つも描き、赤や青の彩色を施した大作や、「自然」をイメージし、木の葉などをバランス良く配した作品を披露。加西市のシューズや創作風景を楽しめる動画も上映している。

 新菜さんは「何に見えるかな?と考えながら楽しんでほしい」と話している。

 4月15日まで。無料。午前11時~午後5時(土曜日は午前9時~午後4時)。日曜休み。ろてぃTEL079・229・2338

姫路の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 10%

  • 28℃
  • 16℃
  • 10%

  • 30℃
  • 20℃
  • 0%

  • 30℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ