姫路

  • 印刷
人生の終末期のあり方をつづった藤保君子さん=姫路市内
人生の終末期のあり方をつづった藤保君子さん=姫路市内

 同人誌「姫路文学」で執筆を続ける元看護師の藤保(ふじやす)君子さん(73)=兵庫県姫路市網干区坂出=が、人生の終末期を題材にした小説「尊厳死宣言書 リビングウィル」を自費出版した。特別養護老人ホームを舞台に、高齢者やその家族の姿を生々しく描写。老いの現実を冷静に、時にうろたえながら見詰め、死の迎え方を考える意味をつづった。(宮本万里子)

 藤保さんは長野県出身で、姫路聖マリア病院などで約40年間勤めた。兄を介護し、みとった経験もある。

姫路の最新
もっと見る

天気(4月26日)

  • 17℃
  • 16℃
  • 80%

  • 17℃
  • 14℃
  • 90%

  • 20℃
  • 16℃
  • 80%

  • 18℃
  • 14℃
  • 80%

お知らせ