姫路

  • 印刷

 ものづくりの魅力をPRする「技能フェスタ2017」が8日、兵庫県姫路市本町のイーグレひめじと大手前公園で始まった。塗装や自動車整備、洋裁などを手掛ける12団体がブースを開設。来場者は、専門家の手ほどきを受けて小物作りなどに挑戦したり、各団体の展示を鑑賞したりして楽しんだ。9日まで。

 市技能職団体連合会が主催し、同会に所属する各業界の組合などが参加した。

 この日、大手前公園の県自動車車体整備協同組合姫路支部のブースでは、自動車修理の際に取り外された車のエンブレムを販売。愛好家らが集まり、外国産自動車のロゴマークなどを買い求めた。

 イーグレひめじでは、県洋裁技能研究協会の会員が新作の洋服を展示。会員ら約25人がモデルを務めたファッションショーもあり、会場を盛り上げた。

 同会の小山州子会長(67)は「洋裁の楽しさを伝えられた」と満足そうだった。

 9日は午前10時~午後4時半。同連合会事務局TEL079・284・0981

(伊田雄馬)

姫路の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 70%

  • 14℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ