姫路

  • 印刷
突起を設けて空気抵抗を抑えたゴルフクラブと、開発者の佐想光廣さん=姫路市北条梅原町
拡大
突起を設けて空気抵抗を抑えたゴルフクラブと、開発者の佐想光廣さん=姫路市北条梅原町
線状の突起が張り巡らされたゴルフボール
拡大
線状の突起が張り巡らされたゴルフボール

 ゴルフクラブの製造を手掛ける「サソーグラインドスポーツ」(兵庫県姫路市北条梅原町)が、トンボの羽の構造を応用し、空気抵抗を抑えるボールとクラブを開発した。それぞれの表面に突起を設け、飛距離を伸ばす工夫を施した。従来の発想を覆す類例のない製品といい、今月下旬から販売する。(金 旻革)

 これまでのゴルフボールは、表面に無数のくぼみが施されていた。しかし、同社の佐想光廣社長(67)が開発した新製品「T-WING(ティーウイング)」には、線状の突起を張り巡らせた。

 突起の高さは0・1ミリ。「空気に触れる面積を小さくでき、空気抵抗が減らせる」(同社)という。この発想のヒントがトンボの羽の構造にあった。

 同社によると、トンボの羽の表面にはギザギザの突起が多数あり、飛ぶ際はその溝に空気の渦が生じる。空気は接触しても摩擦はなく、気流が羽に直接接触するのを抑える構造となっている。その結果、揚力が増すという。

 同社は2年前、この理論を応用してボールを開発。引き続き約1年かけて、突起を細く線状に施した新製品を生み出した。この技術は特許を出願している。

 クラブのユーティリティー「SASO RRR(サソー・トリプルアール)」にも、ヘッドの上部と底に突起を付けた。佐想社長は「シニアや球が飛ばなくて困っている人にぜひ使ってもらいたい」と話している。

 ボールの販売価格は未定。クラブは3万7千円(税別)。同社TEL079・283・0038

姫路の最新
もっと見る

天気(4月26日)

  • 17℃
  • 16℃
  • 80%

  • 17℃
  • 14℃
  • 90%

  • 20℃
  • 16℃
  • 80%

  • 18℃
  • 14℃
  • 80%

お知らせ