姫路

  • 印刷

 兵庫県姫路市花田町上原田の若宮神社の拝殿修復工事が終わり、3日、竣工式があった。氏子ら約80人が参加し、美しくよみがえった拝殿前で地元グループによる太鼓演奏などを楽しんだ。

 総代の林康史さん(74)によると、拝殿は明治後期に建造され、建築面積約25平方メートル、高さ約7メートル。約115年の歴史があるとされるが、老朽化で屋根の一部が傾き、雨漏りもひどくなっていた。

 このため、今年1月に修復工事に着手。軽量化とともに耐震性を高め、雨漏りを防ぐため内装はしっくい塗りにした。

 この日は神事が営まれた後、地元グループの「上原田鼓笙会」が登場し、祝いの太鼓演奏を披露した。

 林さんは「地域の文化の中心としてこれからも大切にしていきたい」と話していた。(加藤正文)

姫路の最新
もっと見る

天気(11月21日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ