姫路

  • 印刷
姫路市が作ったロゴマーク「bGo(ビーゴー)」
拡大
姫路市が作ったロゴマーク「bGo(ビーゴー)」

 播磨地域を自転車で周遊してもらう仕掛けづくりを、兵庫県姫路市などが進めている。自転車ごと移動できるバスを走らせたり、マップを作ったりと魅力向上に工夫を重ねる。新緑の季節を迎えた播磨。自転車を駆って、山や川を訪れてみてはいかがだろうか。(金 旻革)

 播磨地域のサイクリング観光を推進する姫路市は、魅力を広く発信するためのロゴマーク「bGo(ビーゴー)」を作った。地域に根差したロゴを多く手掛ける加西市出身のデザイナー北川一成さんがデザインした。

 「bGo」は、播磨の別称「播州」、自転車を英語で表す「bicycle」の両方の頭文字「b」と、「自転車で播州の観光地を巡ろう」というメッセージを込めた英単語「Go」とを組み合わせた。

 市によると、自転車の車輪やフレーム、駐輪する様子などをイメージして考案されたデザイン。ポスターやステッカーなどに使い、「サイクリングといえば播磨とPRしたい」という。

姫路の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ