姫路

  • 印刷
仏教賛歌を斉唱する参加者=姫路市船津町
拡大
仏教賛歌を斉唱する参加者=姫路市船津町

 仏教を開いた釈迦の誕生日に合わせ、地域の子どもの生誕を祝う「花まつり・誕生児初参り式」が5日、兵庫県姫路市船津町の西勝寺であった。住民や地域の子どもら約200人が参加。仏教賛歌を斉唱し、白象の模型を引いてまちを練り歩いた。

 同寺と、隣接する明覚寺の主催。子どもたちが健全に育ち、故郷を愛する心を育んでもらおうと毎年開いている。今年は境内に播磨地域の飲食業者が出店を並べ、パレードを初めて取り入れるなど行事内容を充実させた。

 この日は、門徒でつくる婦人会を中心に約50人が本堂で仏教賛歌を披露。配られた歌詞を見ながら会場の子どもたちも歌った。西勝寺の後藤順住職(47)は「皆さんはたくさんの人に祝福されて生まれてきた。そのことをしっかり感じてください」と語り掛けた。

 その後、参加者は釈迦生誕の物語に登場する木製の白象を引いて地域をパレード。境内にはカレーやピザの店が並び、子どもたちのおなかを満たした。

 同市飾磨区妻鹿から訪れた女児(2)は「歌うのが楽しかったよ」と笑顔だった。(三宅晃貴)

姫路の最新
もっと見る

天気(5月28日)

  • 25℃
  • 17℃
  • 0%

  • 24℃
  • 12℃
  • 10%

  • 26℃
  • 17℃
  • 0%

  • 26℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ