姫路

  • 印刷

 古里の農村風景を描き続けた兵庫県姫路市の日本画家、森崎伯霊さん(1899~1992年)の作品を不定期で公開する記念館「ふたつの森・伯霊記念館」(姫路市飾磨区中島)が7日、開館する。近くに住む四男の大青さん(63)が「父の絵を通じて人と人の出会いが生まれる空間に」と考え、平屋建てのギャラリーをこしらえた。今後は季節ごとに企画展を展開していく。

 伯霊さんは、飾磨郡中島村(現・同市飾磨区中島)生まれ。小学生のころに画家を志し、ほぼ独学で創作活動に取り組んだ。1943年には姫路で初めて日本美術院展に入選し、第1回姫路市展市長賞や兵庫県文化賞、85年には神戸新聞平和賞を受けるなど兵庫を代表する画家になった。

姫路の最新
もっと見る

天気(11月21日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ