姫路

  • 印刷
新県立病院の建設予定地のイベントゾーン=姫路市神屋町(撮影・山崎 竜)
新県立病院の建設予定地のイベントゾーン=姫路市神屋町(撮影・山崎 竜)

 兵庫県立姫路循環器病センター(姫路市西庄)と製鉄記念広畑病院(同市広畑区夢前町3)が統合し、5年後の開院を予定する「県立はりま姫路総合医療センター(仮称)」を巡り、県と市は10日、整備に向けた協定を結んだ。市がJR姫路駅東側の所有地約3ヘクタールを建設地として無償で貸す代わりに、県は市内の医療体制の充実を約束した。

 市は昨年、県の協力要請に応じて、同市神屋町の再開発地域「イベントゾーン」(6・6ヘクタール)の東側半分(約3ヘクタール)を無償貸与する方針を表明。その条件として、広畑病院の移転に伴う市南西部の医療機能の維持や、新病院への交通アクセスを良くすることなど4項目を示していた。

姫路の最新
もっと見る

天気(5月28日)

  • 25℃
  • 17℃
  • 0%

  • 24℃
  • 12℃
  • 10%

  • 26℃
  • 17℃
  • 0%

  • 26℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ