姫路

  • 印刷

 「第68回姫路お城まつり」の2日目を迎えた13日、世界文化遺産・国宝姫路城周辺では、市民らによるメインのパレードや、踊り、バンド演奏などのステージイベントが繰り広げられた。午前中は雨が残る空模様だったが、午後からは晴れ間が見られ、人出も次第に増加。音楽が鳴り響く、にぎやかな雰囲気の中、集まった人々は地元の魅力をアピールする多彩な催しを楽しんだ。

 まつり会場の大手前公園(兵庫県姫路市本町)では、「第50代姫路お城の女王」がお披露目され、純白のドレスに身を包んだ近藤由紀さん(20)、吉川真由さん(20)、中里優希さん(19)の3人が、ステージ上で初々しく抱負を語った。節目を祝い初代女王3人も登壇し、新女王を激励した。

 第49代女王からたすきを引き継いだ近藤さんは「お城の女王になれて光栄。いろいろな人と話をしたい」と目を輝かせた。吉川さんは「20年間育ててもらった姫路に恩返しがしたい。得意の英語力を生かしたい」と意気込んだ。

 中里さんは「明るい性格で姫路のPRに励み、自分自身も成長していきたい」と力強く語った。

 前女王3人もあいさつし、「1年間の活動を通じて、姫路の魅力を再発見できた」などと、感想や感謝の言葉を述べた。

 また、初代女王の中村光子さん(67)は「青春の思い出というだけでなく、その後の人生でも前向きになれた」と、懐かしそうに当時を振り返った。

 新女王はオープンカーに乗り、市民パレードにも参加した。(伊田雄馬)

姫路の最新
もっと見る

天気(11月21日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ