姫路

  • 印刷
世界遺産姫路城マラソンに向けて意見を交わした実行委員会総会=姫路市役所
拡大
世界遺産姫路城マラソンに向けて意見を交わした実行委員会総会=姫路市役所

 兵庫県の「世界遺産姫路城マラソン」(神戸新聞社など共催)の19日の実行委員会総会で、第4回大会開催が来年2月11日に決まった。フルマラソン(42・195キロ)で前回、一定記録保持者を対象に新設したアスリート枠を継続しつつ、走ることをより広く楽しんでもらえるようファンラン(1~5キロ)の定員を増やしたのが特徴。マラソンブームの中、「選ばれる大会」に向け、手探りで工夫を重ねる。

 この日の総会では実行委事務局を担う同市姫路城マラソン推進室職員が、今年2月26日の第3回大会の結果を報告。開催日前日から姫路城近辺で開いた「マラソン祭」や沿道応援者らを含め、来場者の推計を13万9千人(前年12万5千人)、宿泊者の消費額など経済波及効果を約11億6千万円(同約11億2千万円)-との結果を示した。

 来年の第4回大会については開催日を従来の2月下旬から同上旬に早めた理由を「下旬は国公立大学の入試日の可能性が高い。コース付近に兵庫県立大があり、交通規制の影響が受験生に出ないようにするため」と説明。ファンランの募集定員を前回より拡大した経緯は「これまで応募者が多かったので増やした」とした。

 実行委員からは「ピンバッジなどの大会グッズを販売してほしいと言うランナーがいた」「市民から大会についてアイデアを聞く場を設ける予定はないか」などと意見や要望が出た。事務局は「広く意見をいただきたいと考えている。機会があれば場を設けたい」と答えた。またフルの参加者について「(いまの7千人から)1万人に増やし、地域経済の活性化を図るべき」という意見もあった。(宮本万里子)

姫路の最新
もっと見る

天気(5月28日)

  • 25℃
  • 17℃
  • 0%

  • 24℃
  • 12℃
  • 10%

  • 26℃
  • 17℃
  • 0%

  • 26℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ