姫路

  • 印刷
姫路の未来像は。熱い議論を交わしたひめじ創生カフェ=姫路市市ノ郷
拡大
姫路の未来像は。熱い議論を交わしたひめじ創生カフェ=姫路市市ノ郷

 兵庫県姫路市の未来像を若者が語り合うタウンミーティング「ひめじ創生カフェ」(神戸新聞社共催)が23日、姫路市市ノ郷のザ・ロイヤルクラシック姫路であった。高校・大学生や社会人ら106人が「若者が姫路で働くために必要なこと」をテーマに意見を交わした。

 市が2016年3月に策定した「ひめじ創生戦略」の一環。カフェは2回目で、若者の声から地域課題などを掘り起こし、施策に反映させる。

 冒頭、市の担当者が「姫路は大阪や東京への転出が多く、人口は約40年後、現在の53万人が36万人に減ると試算されている」と説明。人口減少などの課題を踏まえ、議論が始まった。

 参加者は13のテーブルに分かれ、席替えを繰り返しながら意見交換。「脱昭和なまち」「ストレスフリーなまち」「早く眠らないまち」などのキーワードをまとめ、班ごとに発表した。

 姫路高校2年の男子生徒(16)は「刺激的だった。まちを知るきっかけになった」。姫路信用金庫に今春入社した女性(22)は「大学で市外に出て、姫路愛に目覚めた。将来への危機感を共有できた」と話した。

 石見利勝市長は「今後も続けたい。きっとすごい知恵が出る」と期待していた。(木村信行)

姫路の最新
もっと見る

天気(7月16日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ