姫路

  • 印刷
満開を迎えているコスモス畑=姫路市御国野町深志野
拡大
満開を迎えているコスモス畑=姫路市御国野町深志野

 遊休農地や転作田をコスモスなどの景観植物でいっぱいにしようと、兵庫県姫路市が住民らの活動をサポートする「はなのまちづくり育成事業」に取り組んでいる。栽培面積はここ数年で3倍に広がり、一年を通じて市民の目を楽しませている。市内6カ所で7月にまいたコスモスの種は見頃を迎えつつある。(木村信行)

 同事業は、休耕田を有効活用しようと1996年にスタート。住民らに種を配り、一年を通じて菜の花やヒマワリ、コスモス、彼岸花などを育てている。

 2010年度の栽培面積は約12ヘクタールだったが、15年に世界遺産・姫路城マラソンが始まると、「ランナーを沿道の菜の花で応援しよう」という機運が高まり、昨年度は約34ヘクタールに拡大した。

 コスモス畑になっているのは、同市飾東町志吹の県道65号沿い▽同市網干区坂上の旭陽小学校西側▽同市六角の県道411号、実法寺交差点の西約200メートル▽夢前町寺の県道80号沿い-など6カ所。それぞれ広さ5千~8千平方メートルで、先月下旬から開花し、今月中旬に見頃を迎えるという。

 同事業は栽培を通じた市民の交流を目指しており、イベントも開催される。

 南恒屋ふれあい農園(同市香寺町恒屋)では、15日午前9時~午後2時にコスモス祭りを開催。もちつき大会などがある。問い合わせは市農政総務課TEL079・221・2475。

 同市御国野町深志野の県道396号沿いにあるコスモス畑では、28日午前11時~午後3時に「みくにのコスモス祭」を開催。ポン菓子の実演販売などがある。コスモスの持ち帰りも。御国野公民館TEL079・253・1876

姫路の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 30%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ