姫路

  • 印刷
洋菓子店が住宅用火災警報器をイメージして作った「ジューケーキ」=姫路市三左衛門堀西の町
拡大
洋菓子店が住宅用火災警報器をイメージして作った「ジューケーキ」=姫路市三左衛門堀西の町

 住宅用火災警報器をイメージした洋菓子「ジューケーキ」が30日、兵庫県姫路市内の洋菓子店で期間限定で発売される。市消防局の職員間で警報器を「ジューケーキ」と略して呼ぶことから語呂が合うケーキで普及を図ろうと発案。各店に協力を依頼して実現した。

 住宅用火災警報器は火事の煙を感知すると音を発し危険を知らせる装置。2006年6月の改正消防法の施行により、家の階段部分や寝室への設置が義務付けられたが罰則はなく、総務省消防庁は火災の被害拡大を防ぐのに効果的として設置を呼び掛けている。

 市消防局は洋菓子によるPRについて「ケーキをとっかかりに警報器に興味を持ってもらえたら」と期待を寄せる。

 限定ケーキは10社16店舗で発売。神戸洋菓子工房バースデイ(花田町小川)は、丸い警報器の形をしたチーズケーキ。中には木イチゴのソースを入れ込んだ。杵屋(二階町など)は、警報器の無機質さをヒントにガンダムシリーズに登場する「シャア専用ザク」風に仕立てた。各店で購入すると、先着50人に消防車の消しゴムシールのプレゼントがある。

 価格は1個300~3千円程度。販売期間は店舗によって異なる。市消防局予防課TEL079・223・9532

(金 旻革)

姫路の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 30%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ