姫路

  • 印刷
聖徳太子の生涯を絵で表した「聖徳太子絵伝」=太子町鵤
拡大
聖徳太子の生涯を絵で表した「聖徳太子絵伝」=太子町鵤

 兵庫県太子町ゆかりの聖徳太子(574~622年)の生涯を4幅の絵で表した掛け軸「聖徳太子絵伝」が、同町立歴史資料館(同町鵤)で特別公開されている。史実や伝説に残る八面六臂の活躍ぶりが、73の場面に詳細に描かれる。27日まで。

 絵伝は町指定文化財で、太子の伝記を創作も含めて編集された「聖徳太子伝暦」に基づく。地元・鵤荘の有力者の妻が1555年に斑鳩寺(同町鵤)に奉納した。法隆寺に同名の絵伝があり、絵師に模写させたと記録される。1541年の大火で全焼した同寺の復興を祈願したという。

 絵伝では、聖徳太子が2歳にして東に向き南無仏と唱える様子や、摂政に就く場面など年齢を追って足取りを描写。推古天皇に「十七条憲法」の巻物をささげる姿や、愛馬で富士山に登るなどした多彩なエピソードがちりばめられている。

 聖徳太子も参戦した合戦の様子などでは、絵伝が制作された鎌倉時代の身なりを色濃く反映している。同館は「色鮮やかに残る太子の物語をぜひ見てもらいたい」としている。伝暦の注釈書で町指定文化財の「太子伝抄」も展示されている。

 無料。同館TEL079・277・5100

(松本茂祥)

姫路の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 11℃
  • ---℃
  • 30%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ