姫路

  • 印刷
新年に向けて試験点灯された2千個の提灯=姫路市本町
拡大
新年に向けて試験点灯された2千個の提灯=姫路市本町

 兵庫県姫路市本町の姫路護国神社で27日、新年に約2千個の提灯をともす「新年万燈祭」の試験点灯があった。宮司らが元日の本点灯に向けて、電球切れがないかチェックした。

 明るく照らした境内で新年の幸せを祈ってもらおうと、1978年から毎年実施している。提灯は播磨地域の戦没者遺族や企業などから寄贈を受けたという。

 境内には幅40メートル、奥行き30メートルの枠を組み、3・5メートルの高さにワイヤで提灯をつるした。この日は午後5時ごろに点灯し、辺りが薄暗くなると温かみのある黄色い光に包まれた。

 泉和慶宮司(65)は「来年は平成になって30年の節目。発展に向かう1年になってほしい」と話した。

 同祭りは1月10日まで。本点灯は元旦の午前0時から。三が日は午後8時まで、4~10日は同7時まで点灯する。(谷川直生)

姫路の最新
もっと見る

天気(1月23日)

  • 8℃
  • 3℃
  • 20%

  • 6℃
  • 0℃
  • 70%

  • 8℃
  • 3℃
  • 20%

  • 7℃
  • 1℃
  • 20%

お知らせ