姫路

  • 印刷
保存会が作った龍王舞のカレンダー=福崎町西田原
拡大
保存会が作った龍王舞のカレンダー=福崎町西田原

 兵庫県姫路市船津町の正八幡神社の秋季例祭で奉納される「龍王舞」の2018年版カレンダーが完成した。地元の保存会が07年版から毎年作り続けている。

 龍王舞は、市指定無形民俗文化財で「じょまいじょ」とも呼ばれ、430年以上前から続くとされる。

 てんぐの面をつけた猿田彦命が悪霊を打ち払う姿を模したとされ、五穀豊穣などを祈願して舞う。

 カレンダーは、縦約90センチ、横約60センチ。同神社の正面写真を背景に、猿田彦命を大きく配置。勇壮な屋台練りの様子など秋季例祭の写真8枚も掲載した。

 保存会の平石満会長は「魔よけとして貼る家もあると聞いている。穏やかな新年を迎えてもらえれば」と話す。

 400部を無料で配布する。(三宅晃貴)

姫路の最新
もっと見る

天気(7月16日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ