姫路

  • 印刷
姫路城のある本町68番地とその背後に広がる市街地。世界遺産と隣り合わせにあるまちの表情を見つめる=2015年3月撮影
姫路城のある本町68番地とその背後に広がる市街地。世界遺産と隣り合わせにあるまちの表情を見つめる=2015年3月撮影

 姫路市本町68番地。ここは丸ごと世界文化遺産・国宝姫路城の住所を指す。中堀に囲まれた特別史跡で、面積は約107ヘクタール。番地としては皇居(東京都千代田区千代田1番地)に次ぐ国内2番目の広さを誇る。市街地にあって市民の暮らしにも密接な城は2018年、遺産に登録されて25年。世界に名だたる場所となったが、今も身近なまちの一部であり続けている。(宮本万里子)

 現在の姫路城は、関ケ原の戦いの直後、1601(慶長6)年に城主・池田輝政が着工した。

姫路の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ