姫路

  • 印刷
猫にちなんだ作品を集めた特別展=姫路市書写
拡大
猫にちなんだ作品を集めた特別展=姫路市書写

 随所に猫を描いた浮世絵や洋画などが並ぶ「アートになった猫たち展」(神戸新聞社など主催)が、兵庫県姫路市書写の市書写の里・美術工芸館で開かれている。港町の風景にたたずむ猫や着物を着て立つ擬人猫、恐ろしい化け猫など約200点を展示。身近で親しみのある動物を多彩な方法で表現した作品が人気を集めている。3月4日まで。

 猫を入り口にして、浮世絵などに親しんでもらおうと同館が初めて企画。国際浮世絵学会常任理事の中右瑛さんが所蔵する作品を中心に展示した。

 着物姿の女性が優しく猫を抱く様子を描き、柔らかい雰囲気を醸した浮世絵や、家族団らんに猫が寄り添う日本画などがずらり。浮世絵師・歌川国芳の逸品は、鋭い爪を持つ巨大な化け猫が、刀を持った侍と闘う迫力ある描写が目を引く。

 擬人絵は江戸時代、天保の改革でぜいたく品が禁止された際に流行したとされ、猫を歌舞伎役者の顔立ちや閻魔大王に見立てたユーモアのある浮世絵もある。招き猫や姫路はりこで作った置物なども並ぶ。

 午前10時~午後5時。月曜休館。一般300円、高校・大学生200円、小中学生50円。同館TEL079。267・0304

(西竹唯太朗)

姫路の最新
もっと見る

天気(1月23日)

  • 8℃
  • 3℃
  • 20%

  • 6℃
  • 0℃
  • 70%

  • 8℃
  • 3℃
  • 20%

  • 7℃
  • 1℃
  • 20%

お知らせ