姫路

  • 印刷
たいまつを振りかざしながら豪快に歩く赤鬼=姫路市書写
拡大
たいまつを振りかざしながら豪快に歩く赤鬼=姫路市書写

 五穀豊穣を祈願する伝統の鬼追い会式「修正会」が18日、書写山円教寺(兵庫県姫路市書写)で営まれた。赤鬼と青鬼が足を振り上げて歩く姿を一目見ようと、多くの参拝者が詰め掛けた。

 開祖・性空上人が1007年に亡くなった後に始まったとされる儀式。赤鬼と青鬼は角がなく、性空上人を守り続けた毘沙門天と不動明王の化身とされる。

 かつて夜に行われていた名残で、舞台となった摩尼殿の扉は全て閉ざされ、闇に包まれた。たいまつと鈴を持った赤鬼と宝剣を持った青鬼が鐘の音に合わせて登場し、「ドスン」と足音を響かせて歩き回った。邪気を払う意味があるといい、約1時間にわたり繰り広げられた。

 家族らと訪れた曽左小学校2年の男児(7)は「大きな足音が迫力いっぱいでかっこよかった。元気な一年にしたい」と願いを込めていた。(谷川直生)

姫路の最新
もっと見る

天気(2月19日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ