姫路

  • 印刷
世界遺産登録25周年を記念して作製された復刻入城券=姫路市本町
拡大
世界遺産登録25周年を記念して作製された復刻入城券=姫路市本町

 国宝姫路城が世界文化遺産登録から25年を迎えるのを前に、兵庫県姫路市は来月1日から、入城券の復刻版を記念配布する。表面に大天守が描かれた1963年ごろの「姫路城縦覧券」で、計3万枚を作製した。

 姫路城は1993年12月、奈良・法隆寺とともに日本で初めて世界遺産に登録された。市は来年度、「世界遺産サミット」の開催など登録25周年の記念事業を展開する予定で、これに先駆けてムードを盛り上げようと企画した。

 入城券の復刻に当たり、市は過去の入城券を保存していなかったため、一般市民から「昭和38年」の発券を示す印が入った入城券の提供を受けた。

 復刻入城券は、縦8・5センチ、横11・5センチ。表面に大天守のほか、羽を広げたシラサギや瓦模様に残された歴代城主の家紋、裏面には城内建物の配置図が描かれている。

 通常の入城券を購入した人に入城口で手渡しする。無くなり次第終了する。

 姫路城管理事務所は「多くの市民や観光客に手に取ってもらい、城の公開にも長い歴史があることを感じてもらえればうれしい」と話している。同事務所TEL079・285・1146

(三島大一郎)

姫路の最新
もっと見る

天気(5月28日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ