姫路

  • 印刷
姫路藩の名家老・河合寸翁の功績を伝える学習冊子=姫路市役所
拡大
姫路藩の名家老・河合寸翁の功績を伝える学習冊子=姫路市役所

 江戸時代後期、姫路藩の家老として財政再建に尽力した河合寸翁(1767~1841年)の生誕250年を記念し、兵庫県姫路市は小中学生向けの学習冊子「姫路藩の救世主 名家老・河合寸翁」を作った。人材育成や災害対策にも取り組み、領民に信頼された人物像などを紹介。市内に点在するゆかりの場所も掲載し、郷土学習に役立つよう趣向を凝らした。(三島大一郎)

 児童らに郷土の偉人を伝え、地域の歴史に興味を持ってもらおうと企画した。市内の小学5、6年生と中学生に配布し、各校で社会科や総合学習などの教材として利用する。

 寸翁は21歳の若さで家老に就任。42歳で多大な借金に苦しむ藩財政の立て直しを任された。姫路産の木綿を江戸で直接販売する権利を得て利益を上げ、木綿を担保にした藩の紙幣「藩札」を広く流通させて危機を救ったという。

 また、飢饉に備え米や麦を貯蔵する「固寧倉」を整備。武士だけでなく庶民も学ぶことができた私立学校・仁寿山校を創設し、人材育成にも注力した。

 冊子ではこうした寸翁の功績を写真や当時の絵図付きで紹介。「民が豊かになれば、武士たちも豊かになる」との考えで政策を積み重ね、領民に慕われた人柄にも触れている。

 A4判カラーで24ページ。2018年度中の一般販売も検討している。市文化財課は「名家老の功績について家庭でも話題にしてもらい、郷土愛を深めるきっかけになれば」としている。同課TEL079・221・2786

姫路の最新
もっと見る

天気(2月19日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ