姫路

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 11日開催の「世界遺産姫路城マラソン2018」(神戸新聞社など共催)に伴い、車両通行止めなどの交通規制が実施される。発着点となる城周辺から折り返し地点の塩田温泉までのコースとなる道路で、午前7時から午後5時までレースの進行に合わせて順次規制され、通れなくなる。

 フルマラソンは午前9時、大手前通りを出発。市街地の市道を西に通過し、夢前川沿いを北上する。塩田温泉で折り返して南下し、ゴールの姫路城三の丸広場を目指す。折り返し地点の通過時刻は午前9時50分~11時半ごろを見込む。制限時間は6時間、午後3時にレースを終える。

 交通規制される各区間では、車両や自転車、歩行者もコースの横断ができない。コースと接続する道路も通行が制限されるほか、路線バスの運休や路線変更も予定されている。

 また、ゴール地点の三の丸広場に通じる城南側の桜門橋は午前8時40分~午後3時半の間、ランナーと関係者以外は通行できない。一般の観客らは大天守東側の喜斎門跡や、動物園内を通って入城できる。

 県警は当日、コース周辺を約670人態勢で警備。民間警備員約900人も誘導などを行う。

 市街地では交通渋滞の発生が予想されるため、同マラソン実行委は公共交通機関の利用を呼び掛けている。当日、JR姫新線の計8本が各1両増結される予定。同実行委事務局TEL079・221・2862

(三島大一郎)

姫路の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 31℃
  • 23℃
  • 10%

  • 32℃
  • 18℃
  • 0%

  • 34℃
  • 24℃
  • 0%

  • 32℃
  • 21℃
  • 0%

お知らせ