姫路

  • 印刷
銀の馬車道と鉱石の道の魅力が詰まったアプリ=姫路市内
拡大
銀の馬車道と鉱石の道の魅力が詰まったアプリ=姫路市内

 昨春、国の日本遺産に認定された兵庫県の播磨・但馬を貫く「銀の馬車道・鉱石の道」沿いの魅力を発信するスマートフォンのアプリが完成した。沿線市町などでつくる協議会が、歩いたり、自転車に乗ったりして巡ってもらう人を増やそうと制作。お薦めスポットの情報が写真や地図で楽しめる。

 銀の馬車道は飾磨津(姫路市)と生野鉱山(朝来市)を結び、鉱石の道は生野や明延など但馬の鉱山を通るルート。2017年4月に日本遺産になり、沿線の6市町などは同年6月、協議会を設立し、遺産を生かした地域活性化や観光客誘致策を考えてきた。

 アプリはその一環で、ウオーキング、サイクリングで巡る想定で作った。

 紹介しているのは、銀の馬車道交流館(神河町)▽もちむぎのやかた(福崎町)▽明延鉱山探検坑道(養父市)-など20カ所と、周辺観光地として姫路城(姫路市)、砥峰高原(神河町)、国史跡竹田城跡(朝来市)など13カ所。写真、住所、営業時間などの情報を掲載し、地図上のポイントをタップして各所の情報ページを見ることもできる。

 姫路市地方創生推進室TEL079・221・2207

(宮本万里子)

姫路の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ