姫路

  • 印刷
開花が始まったソメイヨシノ。本格的な観光シーズンが到来しつつある=姫路市本町
拡大
開花が始まったソメイヨシノ。本格的な観光シーズンが到来しつつある=姫路市本町

 「日本さくら名所100選」の一つ世界文化遺産・国宝姫路城(兵庫県姫路市)で、ソメイヨシノの開花が始まった。咲き始めは平年よりやや早く、今週末には見ごろを迎えそうだという。

 姫路城周辺には約千本のソメイヨシノが植えられている。姫路城管理事務所は25日、大手門近くにある基準木の開花を確認した。姫路市内の最高気温が19・4度まで上昇した26日、姫路城三の丸広場ではサクラの枝先に、薄ピンクの花がちらほらと目立ってきた。

 同事務所によると、開花から満開までの期間は例年1週間から10日間ほど。神戸地方気象台の週間予報では、兵庫県南部は晴れ間が続き、気温も平年より高くなるといい、開花のスピードは速まりそうだ。

 三の丸広場では4月7日に観桜会が開かれ、お茶席の設置や琴の演奏などがある。イベント実行委員会TEL079・240・6023

(小林良多)

姫路の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 60%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ