姫路

  • 印刷
自閉症啓発のキャンペーンで青く照らされた天守閣を背にライトアップされたサクラ=姫路市本町
拡大
自閉症啓発のキャンペーンで青く照らされた天守閣を背にライトアップされたサクラ=姫路市本町

 兵庫県の世界文化遺産・国宝姫路城の西の丸庭園で2日、約70本のサクラをライトアップする「夜桜会」の試験点灯が行われた。会期が始まる3日から、大天守をバックに満開のソメイヨシノがあでやかに照らし出される。8日まで。

 白壁の百間廊下に囲まれた西の丸は広さ約1万平方メートルで、ソメイヨシノやシダレザクラが満開を迎えている。約百基のLED電球を使い、昼間の太陽光に似せた自然な色調のエリアと、色合いが数秒ごとに変化する薄暗いエリアを設けた。

 開花の速度が速いため、同城管理事務所は「会期後半は桜吹雪になりそう。早めの来城を計画して」としている。西の丸にゆかりのある千姫にちなみ、和装で来城した人には先着50人に粗品がプレゼントされる。

 入場無料。午後6時から同9時。隣接する好古園でも、6~8日にサクラのライトアップが行われる。姫路城管理事務所TEL079・285・1146

(小林良多)

姫路の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 23℃
  • 14℃
  • 0%

  • 22℃
  • 12℃
  • 0%

  • 24℃
  • 12℃
  • 0%

  • 23℃
  • 12℃
  • 0%

お知らせ