姫路

  • 印刷
2021年秋ごろにオープンする予定の姫路市文化コンベンションセンター(仮称)の完成イメージ(姫路市提供)
2021年秋ごろにオープンする予定の姫路市文化コンベンションセンター(仮称)の完成イメージ(姫路市提供)

 兵庫県のJR姫路駅東側の再開発エリアで、姫路の新たな交流拠点となる「姫路市文化コンベンションセンター」(仮称)が今秋にも着工される。同駅前への機能集中を進めてきた姫路市にとって、約245億円を投じた総仕上げとなる。大・中・小のホールの照明に意匠を凝らすなど上質さを追求する一方、姫路の「文化の顔」にふさわしい外観にこだわった。

 2000人を収容する大ホール=イメージ【1】=は黄土色、700席の中ホール=【2】=は赤褐色のれんがの外壁が包む。それぞれに音響反射板を備え、オーケストラなどによるコンサートで音色を隅々に届け、マイクを用いる講演会では取り外すことができる。

姫路の最新
もっと見る

天気(4月25日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 50%

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ