姫路

  • 印刷
姫路市史編集室発足から37年。全6巻8冊の本編がそろい、新たに刊行する本編第2巻を手にする小林利夫市史編集室長=姫路市役所
姫路市史編集室発足から37年。全6巻8冊の本編がそろい、新たに刊行する本編第2巻を手にする小林利夫市史編集室長=姫路市役所

 兵庫県姫路市はこのほど、姫路市史の本編第2巻(古代・中世)をまとめ、1980年代から編さんしてきた本編全6巻8冊が出そろった。市史編集室が発足して37年、職員らは神社仏閣や旧家を訪ね歩き、眠っていた古文書を読み解いて、時代ごとに整理してきた。小林利夫室長(56)は「歴代の先輩たちが汗を流した編集作業が実を結んだ。感無量」と感慨に浸る。

 市史編集室は81年、職員3人で始まり、本編、史料編、別編を合わせて計16巻23冊の出版を計画した。まず時代ごとに古文書をまとめて史料編をつくり、史料編と最新の研究論文に基づいて本編を編み上げる-という手順を踏んだ。

姫路の最新
もっと見る

天気(7月20日)

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ