姫路

  • 印刷
希少な黒い品種など個性的なボタンが並ぶ境内=姫路市飾東町庄、医王寺
拡大
希少な黒い品種など個性的なボタンが並ぶ境内=姫路市飾東町庄、医王寺

 500種近いボタンを育てている兵庫県姫路市飾東町庄の医王寺で、珍しい黒ボタンが見頃を迎えている。国内一の産地・島根の生産者から同寺が譲り受けて栽培。遠方からも愛好者が観賞に訪れている。

 ボタンは中国原産。園芸品種が数多く作られ、あでやかな姿から「百花の王」と呼ばれる。同寺では10年ほど前から栽培を本格化させ、現在は約1200株にまで増えた。

 境内には色や大きさ、咲き方など多様なボタンが咲き乱れる。「黒みがかった紫色」と表現される黒系統は、「初烏」や「烏羽玉」など希少性の高い品種を含めて15種をそろえている。

 今年は例年より1週間ほど早く開花のピークを迎えた。山室照弘住職(66)は「黒ボタンのほかに赤やピンクも数多くあるので、好きな姿を探して楽しんでほしい」と話していた。

 無料。同寺TEL079・253・0836

(小林良多)

姫路の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ