姫路

  • 印刷
本番に向け練習を重ねる「紙ふうせん」の2人と市民合唱団=姫路市増位新町(姫路労音提供)
本番に向け練習を重ねる「紙ふうせん」の2人と市民合唱団=姫路市増位新町(姫路労音提供)

 夫婦のフォークデュオ「紙ふうせん」のコンサートが4日、兵庫県姫路市西延末の市文化センターで開かれる。代表曲を中心に十数曲を歌い、最後に人気の「翼をください」と「船が帰ってくる」の2曲を市民と合唱する。メンバーの後藤悦治郎さんは「会場全体を巻き込み、お客さんとも一緒に歌えれば」と意気込む。

 紙ふうせんは1974年、後藤さんと平山泰代さんが結成。「冬が来る前に」などのヒット曲で知られ、現在も各地で演奏活動を続ける。今回のコンサートでは合唱の参加者を募集し、40~70代の約30人が応募した。応募者は青春時代に2人の曲に出会い、思い出に刻まれている人が多い。

姫路の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ