姫路

  • 印刷
境内で皿屋敷の物語が演じられた「お菊まつり」=十二所神社(撮影・斎藤雅志)
拡大
境内で皿屋敷の物語が演じられた「お菊まつり」=十二所神社(撮影・斎藤雅志)

 怪談話で知られる播州皿屋敷のヒロインにちなんだ「お菊まつり」が6日、兵庫県姫路市十二所前町の十二所神社であった。

 同神社の由緒書などによると、姫路城主の小寺家に仕えるお菊は、主君の病の快癒を同神社に祈願し、お家騒動では悪計を命がけで防ごうとした貞女。同神社には霊をまつる「お菊神社」があり、命日とされる5月8日前後に例祭を行っている。

 当日は神事の後、地元の人形劇グループ「はっぴぃ」と義太夫三味線の鶴沢友保さんが、人形浄瑠璃「播州皿屋舗」を基にした演目を奉納。情趣ある語りと手作りの人形による悲話に、多くの参拝客が引き込まれていた。

 菅原信明宮司(80)は「お菊さんへの関心が広がり、例祭をにぎやかに続けていければ」と話した。(田中真治)

姫路の最新
もっと見る

天気(7月19日)

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

  • 39℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ