姫路

  • 印刷
東日本大震災の被災地での植樹活動について報告する生徒ら=姫路市立白鷺小中学校
東日本大震災の被災地での植樹活動について報告する生徒ら=姫路市立白鷺小中学校

 東日本大震災の被災地、宮城県岩沼市の公園「千年希望の丘」を訪れた姫路市立白鷺小中学校(兵庫県姫路市本町)の生徒が7日、同校で報告会に臨んだ。海岸防災林の整備が進む同公園で、校内で育てたアラカシの苗木約400本を植樹したことを伝え、「自分たちにも、被災地のためにできることがある」と力強く語った。

 岩沼市では津波被害を受けた沿岸約10キロに震災がれきを使った丘を設け、木を植えて「森の防潮堤」を作っている。公園整備に協力してきた姫路西ロータリークラブは4月下旬、生徒らを現地の植樹祭に招待した。生徒らは全国から集まったボランティア約700人と苗木を植えたほか、同県名取市を訪れて語り部の話に耳を傾けた。

姫路の最新
もっと見る

天気(7月19日)

  • 36℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 22℃
  • 10%

  • 38℃
  • 27℃
  • 20%

  • 39℃
  • 26℃
  • 10%

お知らせ