姫路

  • 印刷
6月から利用できる姫路市の公式アプリ「ひめじプラス」=姫路市役所
拡大
6月から利用できる姫路市の公式アプリ「ひめじプラス」=姫路市役所
「ひめじプラス」のテスト画面。市のイベントがカレンダー表示されている(姫路市提供)
拡大
「ひめじプラス」のテスト画面。市のイベントがカレンダー表示されている(姫路市提供)

 兵庫県姫路市は6月から、市政情報を網羅した市民向けの公式アプリ「ひめじプラス」の配信を始める。スマートフォンから無料ダウンロードし、子育てや防災など、欲しい情報のカテゴリを選べば、自動的に音や表示で最新情報を告知してくれる。同市によると、県内の自治体で、市政情報全般を発信するアプリは初めてという。

 市のホームページは部局ごとに分かれ、求める情報にたどりつきにくいとの指摘があった。日本グリーンパックス(京都)にシステム開発を約100万円で委託し、広報紙など紙を読む機会が少ない子育て世代や若者にも使いやすい仕様にした。

 利用者は生年月日や性別、小学校区を入力すると、自身の暮らす校区の情報やイベント案内などが届く。地図アプリと連動することで、避難所や公園、駐車場、駐輪場などへの経路も教えてくれる。広報課は「情報を探す手間が省ける」とメリットを挙げる。

 「雨でイベントが中止になりました」「まだ催しに空きがありますよ」といった告知もリアルタイムで送ることができ、市は「必要な人に必要なタイミングで情報を届けられる」と強調する。石見利勝市長は「(アプリを通じて)市政を身近に感じてもらえたら」と期待を寄せる。

 市は市民の4割に相当する20万件のダウンロードを目指す。姫路市広報課TEL079・221・2073

(伊藤大介)

姫路の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 60%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ