姫路

  • 印刷
ITを取り入れたトマト栽培に取り組む八百伸弥さん(姫路市制作の動画から)
拡大
ITを取り入れたトマト栽培に取り組む八百伸弥さん(姫路市制作の動画から)
稲作への思いを語る小林一雅さん(姫路市制作の動画から)
拡大
稲作への思いを語る小林一雅さん(姫路市制作の動画から)

 兵庫県姫路市の農業の魅力を発信しようと、同市は市内で特色ある農法に取り組む若手農家を起用したPR動画を制作した。「姫路のスゴイファーマーズ」と題し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開。農家2人を「IT(情報技術)と農業の融合」「自然農法で稲づくり」という対照的なテーマで取り上げ、就農を具体的にイメージしてもらう。

 動画は約10分。出演したのは、同市にITを駆使した次世代型のハウスを建て、トマトを栽培する八百伸弥さん(31)と、農薬や肥料を使わない伝統的な稲作を行う小林一雅さん(43)=同市。農業を始めた経緯や実際の作業の様子、特徴的な取り組みなどをそれぞれ紹介する。

 八百さんは大学時代に学んだロボット工学の知識を生かし、適切な温度や湿度を自動制御できる設備を導入した。ソースやドレッシングなどの商品開発、生産品を使ったカフェ経営にも挑戦し、動画では「どうすればもうかる農業になるのかを考えてITを取り入れた。新しい栽培方法として国内外に普及させていければ」と語る。

 一方、小林さんは米作りに興味を持ち、高校の講師から農家に転身。自然農法に触れてもらおうと、田植えや収穫の体験、生き物調査など、親子向けの催しも開いてきた。「昔の人の技術を学び、手間を掛けることを大切にしている。(農業は)消費者の食卓がイメージできる、充実した仕事」と述べている。

 動画は市内外のイベントや就農セミナーなどで活用する方針。市の担当者は「新規就農を考える人に少しでも興味を持ってもらいたい」と期待を込める。(井沢泰斗)

姫路の最新
もっと見る

天気(7月19日)

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

  • 39℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ