姫路

  • 印刷
石見利勝市長(右)から表彰を受ける甲南大の学生ら=姫路市役所
拡大
石見利勝市長(右)から表彰を受ける甲南大の学生ら=姫路市役所

 姫路港旅客ターミナル(兵庫県姫路市飾磨区)の再整備に合わせて、学生から同港を起点とした観光ツアーやにぎわい創出策の提案を募る「姫路ポートアカデミー」の選考会がこのほど、姫路市役所であった。参加した3大学6グループのうち、地場産業の体験メニューを自由に組み合わせられるツアーを提案した甲南大マネジメント創造学科のグループが最優秀賞に選ばれた。

 県や市、姫路商工会議所などでつくる「姫路港ポートセールス推進協議会」が公募した。同大や兵庫県立大、大阪大の学生グループが発表に臨んだ。学生らはターゲット層やツアーのルート、移動手段、予算なども盛り込んだ独創的なアイデアを披露した。

 最優秀賞の提案は、姫路城や好古園などの「王道」に加え、藍染めや瓦作りなどの伝統工芸体験、酒蔵見学やかまぼこ作りなど食品に関する体験を選んで組み合わせるツアー。クーポンを配り、コースの最後に商店街で買い物をしてもらう。講評では「商店街との連携など、具体的なアイデアで幅広い人をターゲットにできる」と好評だった。

 審査後に石見利勝市長から表彰された甲南大3年の大沢菜々子さん(20)は「商店街の人たちも巻き込んだツアーにしたかった。皆で考えた成果が出てうれしい」と話した。

 優秀賞には、学生が案内人となって市内を巡るツアーを考案した大阪大法学部国際公共政策学科のグループが輝いた。(井沢泰斗)

姫路の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ