姫路

  • 印刷
「おうちごはんのうた」を作ったハピネス☆ぷらすのメンバー=姫路市大塩町
拡大
「おうちごはんのうた」を作ったハピネス☆ぷらすのメンバー=姫路市大塩町

 兵庫県播磨地域の母親グループが家庭での手作りごはんの魅力を発信する「おうちごはんのうた」を作り、歌を広めてもらう千人のサポーターを集めようと、インターネットで活動資金を募るクラウドファンディング(CF)を始めた。愛情を込めた作り手の思い、家族をつなぐ食事の大切さ-。「みんなで歌って手作りごはんの素晴らしさを共有しよう」と呼び掛ける。(宮本万里子)

 姫路、加古川市などの母親16人でつくる「ハピネス☆ぷらす」。2008年に結成し、地域の催しでゴスペル風の曲を披露するなど活動している。

 今回の歌は、姫路市で音楽教室を開く同グループの指導者渡瀬健志郎さん(32)が5年前、オリジナル曲作りを提案したのがきっかけ。外食や総菜商品に頼る家庭も多い中、「愛が詰まった手作りの尊さを伝えたい」と歌の主役を「おうちごはん」に決めた。

 歌詞はメンバーが言葉を持ち寄って作成。渡瀬さんが明るいテンポの曲を付け、米とぎの動作などをアレンジした振り付けも加えた自信作に仕上げた。

 ごはん ごはん/ときには こな(粉)だし使うけど/愛をいっぱい 心がいっぱい/あたしは きょうも ごはんつくるよ

 サビの部分を親しみやすい曲調が盛り上げる。

 品数多くなくていい/レパートリーもなくていい/あたしの ごはんは せかいいち

 日々手作りに励む親たちへの応援歌に-との思いもにじませた。

 CFの目標額は50万円。主にCD制作費に充てる。個人向けに会員証やバッジ、楽譜などの一式を還元する3000円のコース、団体・企業がスポンサー権を得られる5万円のコースなどがある。7月20日午後11時まで受け付け、目標に達しない場合は返金する。

 リーダーの高嶋早由紀さん(42)=姫路市=は「母親たちの行動力を希望に感じてもらえる取り組みにしたい」と力を込める。

 CFの案内は「おうちごはんのうた Readyfor」で検索。歌の動画も見られる。

姫路の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ