姫路

  • 印刷
全国新酒鑑評会で金賞酒をとなった銘柄を手にする(左から)本田商店、壺坂酒造、江井ヶ嶋酒造の杜氏たち=姫路市役所
全国新酒鑑評会で金賞酒をとなった銘柄を手にする(左から)本田商店、壺坂酒造、江井ヶ嶋酒造の杜氏たち=姫路市役所

 2017酒造年度(17年7月~18年6月)に製造された日本酒の出来栄えを競う全国新酒鑑評会で、本田商店(兵庫県姫路市網干区高田)の「龍力米のささやき」と壺坂酒造(同市夢前町前之庄)の「雪彦山」のいずれも大吟醸がそれぞれ金賞に輝いた。酒どころ・播磨で切磋琢磨する仲間と喜びを分かち合い、「米の味を引き出せた」と喜びに浸った。

 全国新酒鑑評会は1911年に始まった権威のあるコンテストで、審査員が香りや味、舌触り、余韻などを総合して点数を付ける。今回は全国から850点の出品があり、232点が金賞に選ばれた。

姫路の最新
もっと見る

天気(8月21日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 24℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ