姫路

  • 印刷
ピアノ三重奏で幕開けした昨年のル・ポン国際音楽祭=2017年10月、赤穂市中広
拡大
ピアノ三重奏で幕開けした昨年のル・ポン国際音楽祭=2017年10月、赤穂市中広

 兵庫県赤穂市ゆかりの世界的バイオリニスト樫本大進さん(39)が音楽監督を務める「ル・ポン国際音楽祭2018赤穂・姫路」の概要が決まった。世界各国の一流の演奏家とともに10月7、8日に赤穂市、同10~14日に姫路市で公演を行う。

 樫本さんは世界最高峰のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で、第1コンサートマスターを務める。母親の故郷が赤穂市という縁で、「一流の音楽を気軽に楽しんでほしい」と2007年から同市や姫路市で開催している。入場料は破格の千円。

 今年は、欧州で活躍するホルン奏者のシュテファン・ドールさん、トランペット奏者として名高いセルゲイ・ナカリャコフさんらが初出演する。約2時間の演奏で聴衆を魅了する。

 日時と会場は、10月7日午後6時半、8日午後3時半=赤穂市文化会館▽同10、11日午後7時=姫路城二の丸▽同13日午後3時、書写山円教寺▽同14日午後5時=パルナソスホール。

 チケットは8月10日から赤穂市文化会館、姫路市文化センター窓口やローソンチケット、チケットぴあで販売する。赤穂公演予約専用電話(TEL0791・43・5144)でも受け付ける。(伊藤大介)

姫路の最新
もっと見る

天気(8月18日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 33℃
  • ---℃
  • 0%

  • 33℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ