姫路

  • 印刷
園児に見守られながら歯を磨いてもらうオタリアのビッキー=姫路市立動物園
拡大
園児に見守られながら歯を磨いてもらうオタリアのビッキー=姫路市立動物園

 歯と口の健康週間(4~10日)に合わせ、兵庫県姫路市本町の市立動物園で4日、虫歯予防について学ぶイベントがあった。地元の園児らが歯科衛生士から歯の大切さを教わり、アシカ科のオタリアが「食後の歯磨き」をする姿に歓声を上げた。

 この日はまず、市保健所の歯科衛生士(38)が、認定こども園ベイカ(同市五軒邸3)の園児24人らを前に正しい歯の磨き方などを説明。「虫歯になるとおいしい物が食べられなくなる。歯を大切にしてね」と呼び掛けた。

 続いて園児らはオタリアのビッキー(雌、20歳)の飼育エリアに移動し、好物のアジをプレゼント。その後、飼育員がビッキーの口を開けさせ、大きな歯ブラシで磨く様子を見守った。

 男児(5)は「オタリアに魚をあげて楽しかった。僕も歯がツルツルになるまで磨きたい」と笑顔だった。(宮本万里子)

姫路の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ